ホーム > 内科 循環器外来

  • 内科

    循環器外来

    循環器外来とは?

    循環器外来では病気の発症予防を目的とした高血圧、脂質異常症、メタボリックシンドロームなど生活習慣や動脈硬化性疾患に関わる疾病の診療をおこなっています。患者さん一人ひとりに安心で安全な医療を提供できるよう、満足していただけるサービスを提供いたします。

    どんな病気を診るのでしょうか?

    循環器とは、心臓と全身の臓器・組織を繋いでいる血管を指します。高血圧や心臓疾患、動脈硬化、コレステロールが高い方など、心臓や血圧・血管に異常のある方が、循環器外来の診察や治療の対象になります。当クリニックでは、主に高血圧・不整脈・脂質異常症等を扱っています。医師の体制としては、常勤の循環器内科専門医が、火曜日~土曜日の午前中、午後は火曜日~金曜日に初診・再診の診療を行っています。

    主にどんな症状の方が受診しますか?

    • 胸や背中の痛み
    • 動悸、息切れ
    • 脈が速くなったり遅くなったりする
    • めまいやふらつきがある、意識がなくなる
    • 手足や顔が腫れてきた
    • 健康診断で高血圧や心臓の雑音や心電図異常を指摘されたといった方です。

    胸や背中の痛みは、どんな症状ですか?

    狭心症や心筋梗塞の場合、胸が締め付けられるような痛みや圧迫感があり、背中や肩、奥歯が痛む方もいます。狭心症の痛みは数分で軽減しますが、心筋梗塞の場合は強い痛みが長く続きます。

    動悸、息切れは、どんな症状ですか?

    動悸とは、普段は意識しない自分の心臓の鼓動を、不快なものとして自分で意識してしまう状態です。脈拍が急に早くなったり、乱れたり、時々脈が抜ける、という症状もあります。
    息切れは血液中の酸素の欠乏によって起こるもので、病気による息切れは、歩行時や家事を行っている時、階段の昇り降りなど日常生活の動作途中に、呼吸が乱れ苦しくなることが特徴です。
    こうした息切れは、主に肺や心臓の病気などが原因で起こります。
    心臓機能の低下が原因となっている場合には、寝るよりも、立ったり座ったりする方が症状が軽減する、という特徴があります。
    日本人の死因の1/3は、心臓疾患や脳血管疾患などの血管系の病気が原因と言われています。「歩くと動悸や息切れがしたり、脈が飛ぶことがある」、「検診で心雑音を指摘された」という方は、一度検査をおすすめします。

    循環器の検査にはどんな検査がありますか ?

    当クリニックでできる、必要になる検査として、心電図の検査があります。 次に、ABI検査(足関節上腕血圧比)、24時間にわたって心電図を記録する「ホルター心電図」などもあります。 緊急を要する患者さんは、近隣の基幹病院の病診連携のもと迅速、的確に対応させていただきます。

    循環器内科ではどんな治療を行っていますか?

    主に薬物治療を行います。
    血管拡張剤、抗血小板剤、降圧剤、利尿剤、強心剤、抗不整脈剤などを用いて、心臓の状態や血圧をコントロールするものです。医師に指示された用法・用量を守ることが大切です。

    血管を健康に保つ生活とは?

    • 身体を動かすのが極端に苦手な方
    • 怪我や障がいで身体に負担をかけられない方
    下半身のマッサージとストレッチが血管をやわらかくします。

    まずは座ったままで、血管をほぐしましょう!
    心臓から送り出された血液は、筋肉が伸び縮みする力を借りて体中をめぐります。ところが、長時間座ったままで、筋肉を動かさないと、血流が滞りむくみや冷えの原因になります。さらには、血液がドロドロになり、血栓(血の塊)ができることも。
    デスクワークなどで長時間座っている方は、気がついたときに筋肉をほぐして、血液を循環させましょう。筋肉をやわらかくすると、まわりの血管にも柔軟性が生まれ、しなやかさが戻ってきます。

    まずは、ふくらはぎのマッサージ。
    ふくらはぎは、歩くことで血液を循環させるポンプのような役割を果たしています。
    アキレス腱からひざ裏に向かって、指で軽くもみほぐすだけで、血行が促進されます。片足30秒のマッサージを1日1~2回行えば十分です。
    お尻や太もものストレッチもおすすめ。
    外側のくるぶしをひざの上に乗せるように足を組み、上半身を前に倒すと、お尻の筋肉をストレッチできます。ゆっくりと伸ばしてください。1回20秒ほど。
    ももの裏の大きな筋肉をストレッチ。椅子に座った状態で片足を前に伸ばし、床にかかとを付けます。お尻から太もも裏、ひざ裏、ふくらはぎにかけて伸ばすことができます。大切なのは、痛みがなく、「気持ちいい」と感じる強さをキープすること。息を止めず、リラックスして呼吸することを意識してください。

    • 忙しくて運動する時間がない方
    • 運動は得意ではないけれど、カロリーを消費したい方
    • 仕事中は長時間デスクワークで座ったままの方
    歩き方を変えるだけで消費量を3割増しに!

    脂肪を減らせば、コレステロール値が下がります。
    少しでも身体を動かし、脂肪を燃焼させましょう。
    まずは、特別な時間や道具を使わず、歩き方を変えるだけで、エネルギー消費量が30%も増えます。
    日本人の多くは、下を向いて歩いているといわれています。
    特に最近目立つのは、スマホを見ながら歩く、スマホ歩き。
    背中は丸まり、歩幅は狭く、歩く姿勢は良くありません。
    今日から、20m前方を見て歩いてみてください。
    背筋が伸び、歩くスピードが速まります。時間短縮と動脈硬化の予防、忙しい人には一石二鳥です。できれば、歩幅をいつもより5cm広げられるよう意識すると、なお良いでしょう。
    ほんの少し、意識を変えるだけで、身体の変化を実感できるはずです。

    • 甘いものが大好き!
    • 毎日のおやつがストレス解消という方
    洋菓子より和菓子やフルーツを、ただし食べすぎはNG!

    「甘いものを食べると太る」というのは本当です。
    糖質は、血糖値を上昇させ、運動して消費すれば良いですが、消費されなかった糖は、やがて余分な中性脂肪の原因になります。
    ただし、無理に控え、ストレスがかかりすぎても良くありません。
    賢くスイーツを食べながら、血管の健康に気を配りましょう。
    洋菓子は、糖質に加えて脂質(飽和脂肪酸)も多い傾向があります。
    たまに食べる程度にとどめておくのがよいでしょう。
    おすすめは、あんこや、きなこ、寒天が使われている和菓子です。
    食物繊維を多く含んでおり、動脈硬化の原因となる「悪玉コレステロール」を減らす効果があります。また、和菓子は腹持ちが良く、カロリー控えめなものが多いのです。
    フルーツも、食物繊維が豊富で、脂質は控えめ。血管の病気を抑えるビタミン、ミネラルが豊富です。特にフルーツに豊富に含まれるビタミンCには、コレステロールの酸化を防ぐ「抗酸化力」があります。ほかにもアントシアン、カテキン、エラグ酸、リコピンといったフルーツの抗酸化物質が、注目されています。
    とはいえ、和菓子やフルーツにも、少なくない糖質が含まれていることをお忘れなく。血液中の中性脂肪の高い方は、適量を心がけましょう。
    又、それ以外の方も食べ過ぎには注意しましょう。
    (日本栄養士会HPより )

    • アルコールが大好き
    • 付き合いで酒を飲む機会が多いという方
    お酒はほどほどなら良い効果!ビール1本、水割り2杯程度に!

    適量のアルコールは、「悪玉コレステロール」を減らし、動脈硬化予防に効果があるといわれています。
    ただし、飲みすぎると、高血圧や肝臓の中性脂肪を増やす原因になります。
    一日のアルコール摂取量は、25g以下が目安です。
    ビールなら大瓶1本、ウィスキーなら水割りでも2杯くらいが適量です。
    お酒の中でも赤ワインのポリフェノールには「抗酸化作用」があり、動脈硬化予防に効果があるといわれています。もちろん、飲み過ぎは良くないので適量を守りましょう。

    お酒を飲んでいると、油や塩分の多いものを食べたくなりますが、控えましょう。
    アルコールの量だけでなく、おつまみにも気を付けなければいけません。
    焼いたおつまみは、脂質やカロリーが低く、おすすめです。
    ワインに良く合うチーズは高脂質・高カロリーなので、食べ過ぎないようにしましょう。

    • 栄養バランスが偏って困っている方
    • 結局、何を食べたら身体によいのか分からない方
    • 野菜が好きではない方
    上手に野菜を摂る3つのルールと、外食・コンビニの活用術

    野菜には食物繊維やビタミンなどの栄養素が含まれおり、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らす効果が明らかになっています。
    無理をせず、食事を楽しみながら野菜を摂るために、3つのルールをご紹介します。

    • 1.肉や主食を一部野菜に置き換える
      どんぶりの大盛りではなく、並盛りにしてサラダやけんちん汁などの副菜で野菜を摂りましょう
    • 2.野菜から先に食べる
      野菜から先に食べることで満腹感が得られ、炭水化物の食べ過ぎを防げます。
    • 3.極端な食事制限はNG
      極度に脂肪を控えた食事は、長続きせずリバウンドしてしまいます。
      糖質制限食も動脈硬化への悪影響が指摘されています。偏らず、バランスの良い食事をしましょう。

    ■野菜を増やすコツ(外食時編)

    • 定食は野菜の小鉢2つ以上に。ご飯の量を調整
    • どんぶり物には野菜を1品追加
    • ラーメンには野菜のトッピング。

    ■野菜を増やすコツ(コンビニ編)

    • 主食+野菜の総菜を一品
    • 一品で野菜が摂れるパスタサラダや幕の内弁当
    • お店で買う主食と別に、野菜や果物を持参する

    • 時間は作れるし、やる気もある方。
    • 良い生活習慣を続けるコツが知りたい方。
    生活習慣が大事なのは分かる!でも、どうすれば続けられる?

    健康診断などをきっかけに、「これからは運動するぞ!」「食生活を変えなければ!」と一念発起する方は多いのですが、問題なのは、生活習慣の改善を続けるのが難しいこと。
    私たちの生活には誘惑も多いものです。
    時々くじけても、前向きに取り組めるいくつかのコツをご紹介します。

    食べ過ぎたら次の食事で調整すればOK
    お付き合いや、ふとした油断で食べ過ぎてしまっても、次の日の食事量を減らしたり、脂肪やコレステロールの少ないものを食べればOKです。
    あまり細かく考えすぎず、一週間で食事量を調整するくらいの気持でいてください。

    スマホでライフログを作成
    食事や運動の内容、歩いた距離など、生活の記録(ライフログ)を残しておくと、修正すべき点が一目瞭然ですし、一週間で食事量を調整する取り組みも、記録しているから可能です。
    スマホ向けに、ライフログアプリがあります。スマホを使わなくても、毎日の歩数や運動の記録を手帳に記入しておくだけでも効果的です。
    「歩数が目標に足りないから、少し散歩しよう!」など、モチベーションを上げてくれます。

  • Q&A よくあるご質問 詳しくはこちら
  • スタッフ募集 詳しくはこちら
  • 成田病院
  • 伊藤内科・血液内科